漢方薬とは

伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品のことをいいます。一般的に複数の生薬をあらかじめ組み合わせた方剤をさします。この方剤により、効能が大きく変わり、甘草湯(かんぞうとう)のように甘草だけの方剤もありますが、まれな例外です。

漢方医学の特徴は、伝統中国医学と同様に体全体をみるところにあり、「証」という概念を持っているところです。証は主に体質をあらわします。この点が西洋医学とは大きく異なります。体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していく。このため、症状だけを見るのでなく体質を診断し、重んじる。西洋医学が解剖学的見地に立脚し、臓器や組織に病気の原因を求めるのとは対照的になります。よって、漢方薬も「証」にもとづき患者一人ひとりの体質を見ながら調合されます。漢方薬は病理状態ではじめて作用を示すが、西洋医薬では正常でも異常でも一定の作用を示します。
日本でいうところのいわゆる漢方薬は、中華人民共和国では中薬、朝鮮半島では高麗薬として伝統的に使われていますが、日本では鎖国によって漢方医学が独自の発展を遂げたほか、薬事法の関係から漢方薬の成分分析が進んだため、中国では通常処方されない組み合わせでの処方が行われるようになり、日本式の処方による漢方薬を求めて中国から買い付けにくるという逆転現象すら起きています。
大韓民国では、漢方ではなく「韓方」、「韓薬」の呼称が一般的です。これは、韓国においても許浚の『東医宝鑑』等で漢方医学が独自に体系づけられたからです。同国内には韓方医を育成する韓医学部が大学におかれ、韓方医院は地方でもごく普通に存在します。
●民間薬との違い
漢方薬は東洋医学の理論に基づき処方されるのに対し、民間薬は経験的な民間伝承によるものである点で両者は異なります。また、その効果は漢方薬においては、比較的に限定的正確に働くのに対し、民間薬の効果は全般的で漠然と働くものが多いとされています。
「漢方薬=生薬」という解釈をしている人も多いのですが、上記からわかるように、これは誤解です。日常的に、「漢方薬ではない生薬」の例は非常に多いのです。ゲンノショウコなりセンブリなりドクダミなりを煎じて、症状の詳細も体質も考慮せずにただ飲むだけであれば、それを漢方と呼ぶことは決してできません。また通常、漢方薬(方剤)は複数の生薬から構成された日本薬局方で認められた薬であり、生薬は、漢方薬(方剤)を構成するものです。なお、近代以降に考案された方剤の中にはアスピリンのような合成薬品を含むものも存在します。

慢性化してつらい腰痛にも、ヨガは効果があることが証明されています! オー&ラビエは大阪梅田店や神戸三宮店など関西にも店舗があります。 ダイエット効果は、暖かい環境でよりたくさんの筋肉を使うホットヨガの方が高いと言われています。 じっくりホットヨガを楽しみたい人向けのコースもあります。 ヨガがうつ病の改善にも効果があることがわかってきています。 ホットヨガの大阪店舗ならこちら