ペット用青汁

ペットはもはや、家族の一員として人間と同じように接している方も多いのではないかと思います。しかしその反面、大切にしているからこそ、つい甘やかしたり、人間と同じ環境に置きすぎてしまう事も多いのも実情です。その結果、以前には考えられない症状を引き起こすペットも少なくありません。栄養過多な食事を与え過ぎた結果、肥満や心臓病を引き起こしたり、狭い部屋に閉じ込められてストレスが溜まり、結果的に免疫力が低下したりと、人間と変わらない症状がペットにもみられるようになりました。環境が整いすぎたためにペットの寿命が伸び、それにともなって、高齢化したペットがかかる病気にも気を配る必要が生じています。こうした現実のなか、家族の一員として、一日でも長く一緒にいたいと思う飼い主の思いを受けて、様々なペット用ケア用品が生まれています。ペット用の漢方もそのひとつで、人間と同じように、普段の生活での健康維持のために服用するもののほか、アレルギー症状や肥満、喘息などの症状緩和や免疫力増強など、各症状に適した本格的なサプリメントや青汁が誕生しています。

動物も人間と同様の病気をします、肥満だったりするのも病気を引き起こす原因にもなります。腎臓や肝臓の数値が悪かったり、免疫機能が落ちたりもします。そのためにも人間同様の健康管理が大切になってきます。未病の状態から食生活を気を付け、結果的に病気になるのを防ぐ効果も期待出来ます。ペット用の青汁にも同様の考えがあてはまり、病気ではなくとも、通常の食事と併せてペット用青汁を与える事で病気を防ぐほか、健康維持や強い体づくり、良い毛並みづくりにもつながります。

ペットの健康長寿を考えると青汁やサプリメントを与える事も大切なケアのひとつですが、飼い主が注意すべき事もあります。人間用のサプリメントは、例え改善したい症状が同じであっても、決してペットに与えてはいけません。動物と人間では体が必要としている成分や適量が大きく異なるため、成分が食品なので本来は安全である青汁やサプリメントでも、副作用や症状の悪化を招くことがあります。例えば犬専用など、その種類で専用とされている青汁やサプリメントを、他の種類のペットに与える事も同様に危険です。また、動物は言葉が話せないので、飼い主がペットの健康状態を詳しく読み取ることも困難です。一度は動物病院などで診察してもらい、どのようなサプリメントが適しているか、相談したうえで服用させてあげると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です