漢方薬の飲み方

漢方薬を処方してもらって、飲み方の説明を読んでいるとなんだか面倒になってしまうことありませんか。食前、食間の空腹時にはまだしも白湯で飲むや、煎じて飲む。飲み合わせの注意点など、色々注文が多くげんなりしてしまうこともあります。
漢方薬のイメージは手軽でお守り的なものと捉えている方も多いようです。パッと気が向いた時に流し込んでちょっと健康になったような気がする。
漢方薬はそんな、スーパーで売られているようなサプリメントではないことをよく理解しておきましょう。
きちんとした薬ですから、いくら面倒でも正しい飲み方をしていかなくては大変な副作用がでてしまうこともあります。

・漢方薬の白湯での飲み方
漢方薬は白湯で飲まなくてはならない。そういう印象を硬く持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。白湯はポットなどで沸かしたお湯ではありません。できればやかんでふたをとってグラグラと10分ほど煮立てて不純物を取り去ったものが一番です。それをぬるく冷まして飲みやすくした状態を白湯といいます。
何故白湯がいいかと言いますと不純物がない事もありますが、吸収を助ける意味でもあります。

・漢方薬は何故空腹時に飲むのか
漢方薬は食前や食間の空腹時に飲むものです。胃に余分なものが入っていないので、吸収されやすくなります。

・煎じる漢方薬の飲み方
漢方薬の飲み方の中でもこれがとても面倒です。ただし、効果がとても大きく成分を最大に生かす方法でもあります。まず金属製でない、湯の中に容器の成分が溶けない土瓶などを用意して中に煎じる漢方薬を入れます。そしてお水を加え、ふたをとってグラグラ半分程度になるまで煮詰めます。
茶漉しなどでキレイに漢方薬の残りガラをとって、完全にエキスだけの状態にしてから飲みやすい温度にさまして飲みます。その日に作ったものはその日のうちに使い切りましょう。

・漢方薬の飲み方で1番大切なこと
正しい飲み方というのは飲む方法自体を指しているのではありません。
例えば漢方薬の飲み合わせというのは重大なことです。薬剤師さんなどが、あわせて飲むように処方したものであればいいのですが、自分で市販の漢方薬を購入して複数を合わせて飲む場合、想像もつかないような大きな相互作用で大事故になる可能性もあります。
漢方薬は大体、なになにとなになにの成分を含むものは一緒に服用してはならない。というルールがあります。これは絶対です。必ず守るようにしてください。
そして漢方薬というものは「証」をまず出してから処方されます。
例えば証では虚弱体質と判断されているのに、パワフルな方に向けた漢方薬を使った場合は効果がないだけでなく、胃の調子が逆におかしくなったり、症状が逆に悪化したりと良いことは何一つありません。

市販の漢方薬をプロの方がおすすめしていないのはこういう理由からです。漢方薬の正しい飲み方は、自分に合ったものを最大に生かせる形で服用することです。
くれぐれも勝手な思い込みなどで、自分流にミックスしたりはしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です